理学療法士(PT)あがりの整体院が増えている

2021年6月4日

理学療法士(PT)が
整体院を開業する

 

今年で整体院を開業し15年目を迎えるしがない整体師です。

整体院の廃業率は凄まじく、5年後に生き残っているのが僅か2~3%程度と言われています。

こんなにも廃業率が高い整体業ですが、なぜだかここ最近整体院の開業が相次いでいます。

たまたまなのかは分かりませんが、最近開業された整体院にはある特徴がありました。

その特徴とは・・・

理学療法士(PT)の方が独立をし整体師として開業しているのです。

まぁ本当にたまたまなのか知りませんがね・・・・

 

理学療法士(PT)が整体院を開業

整体業って本当に廃業率が高く2~3年後には大抵のお店が廃業しています。

なぜ潰れる整体院が多いのか?でもお話していますが、整体院を開業し5年後に残っているのは僅か5%と言われています。

それほど整体業って厳しいんですが、ここ最近整体院が続々とオープンしだしています。

しかも冒頭でもお伝えいたしましたが整体院を開業される方の多くが、理学療法士として病院勤めをされていた方が大半です。

たまたまなのかは知りませんが、ここ数ヶ月の間に4件ほど整体院がオープンしましたがその4件とも理学療法士の方が独立をし開業しています。

 

安定した収入よりも独立を目指す理学療法士

整体院を経営し早15年ほどを迎える私から言わさせていただくとなぜにして安定した収入を得られる理学療法士を辞めてまで整体院を開業するの?

ただでさえ廃業率が高い整体業で昨今はコロナウイルスの影響で整体院などは軒並み廃業の危機に追いやられています。

私のお店の近くにあった整体院も10年くらい営業をしていたので老舗の部類になるのですが、今回のコロナ禍で廃業に追いやられてしましました。

こんな状況下で何故にして安定した収入が得られる病院勤務を辞めて、整体院を開業するのか本当に理解に苦しみます。

 

理学療法士は病院勤務では自分の想い通りに治療ができない

理学療法士が整体院を開業

先に言っておきますが私は理学療法士として働いたことが無いので間違っていたら申し訳ございませんが、これは以前知人の理学療法士の方から聞いたお話になります。

病院などでリハビリなどの業務を行う理学療法士(PT)は、ドクターからの指示以外のことは出来ません。

一生懸命身体のことを勉強し理学療法士(PT)という資格を取得したにも関わらず、現場ではそれら知識は使えずただ単にドクターからの指示に従うだけです。

ですので本当に様々なことを勉強した理学療法士(PT)の方にとって、それが本当にもどかしい気持ちで一杯になるのかなぁって勝手に思ってしまいます。

なので安定した職業よりも自分の思うとおりに出来る整体院を開業するのでしょうかね?

これは整体院を開業した理学療法士の方にしか分からないことですよね。

スポンサーリンク

整体院は誰でも開業が出来る

因みになんですが整体院を開業する場合、特別な許可とかはいりません。

自分で私は整体師ですって言ってテナントなどを借り、開業届を出せば誰ででも整体院を開業するこが出来ちゃいます。

ですので一時期は整体師の資格商法などがはやり、かなりの方が大金を騙し取られていましたよね。

最近でもまたこのコロナ禍の中で『手に職を』といって整体師の資格が学べますという怪しい広告を見かけるようになりましたよね。

 

技術があったとしても経営を知らない理学療法士(PT)

整体師は経営のことを知らなすぎる

自分の夢などに向かい独立開業するのは大変素晴らしいことですが、これら理学療法士の職を捨て整体院を開業される方に1つ言わさせていただきたいです。

それはお店(整体院)の経営についてしっかりと学ぶようにして下さい。

病院などでリハビリの業務に付かれていたので、手技など技術的なことに関して何ら問題は無いかと思います。

しかし今まで理学療法士として雇われていたということは、経営に関してほぼほぼ素人かと思います。

特に整体院を開業されるという方の多くはこの経営に関してかなりあまあまな考えで整体院を開業されます。

例えばよく【整体院 開業】や【整体院 収入】などで検索を掛けた際にこの様に計算されているのを見かけます

施術料 5000円×1日あたり8人のお客さん=1日あたり40,000円の利益

1ヵ月あたり25日稼働し×1日の売り上げが40,000円

なので1ヶ月で1,000,000円の利益

こんな計算をしているサイトをよく見かけますが、ハッキリ言いますけど1日8人のお客さんを見るのってかなり無理があります。

まず身体的に1日あたり8人ものお客を相手にしていたら自分の身体がボロボロになります。

また1日8人ものお客さんが自分のお店に来る保障なんてどこにありますか?

冒頭でも言いましたが整体業の廃業率が非常に高い理由は、整体院だけでは食べていくだけの収入を得られないからなんですよね。

ですので整体院を開業する前にしっかりと『どの様に集客をするのか』『ターゲットになり得る方の特徴』などをしっかりとマーケティングしてから開業するようにしましょうね。

それと先に言っておきますが、開業当初は知人などがお店に訪れてくれると思います。

しかしそれって決して長くは続きませんので、勘違いをしないようしっかりと集客のことを考えるようにしましょうね。

 

-整体院
-, ,