仕事 退職

会社を辞めるのも大変ですね

2016年5月18日

外人ビジネス (3)

私は某企業を退職してもうかれこれ10年以上の月日が経ちましたが、十数年前であっても退職をする時って結構大変だったのを今でも覚えています。

そこでこれから会社を辞めようとされている方々に、どのような順序で会社を退職したら出来る限り円満退社が出来るのか説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

会社を退職するにも順序というモノがございます

会社勤めが嫌になって会社を辞める方や、自分の夢を追い求めて会社を辞める方など退職理由は人それぞれかと思いますが会社を辞めるにそれなりの順序というモノがあります。

この順序を無視して会社を退職すると後々面倒なことになるので注意をしときましょう。

先ずは、会社を辞める(退職)際には会社に辞めることを伝えないといけませんが、一体誰に伝えれば良いのか悩む場合がありますよね。

通常で言えば直属の上司に退職理由を伝えるのが一般的ではありますが、例えば直属の上司のパワハラが原因で会社を辞めたいときなどは直属の上司に退職することを伝えるのはイヤですよね。

しかし、いい大人であればそこは我慢してイヤでも直属の上司に会社を辞めるということを伝えましょう。これをしないと本当に面倒なことになりますよ。

実際に私は嫌がらせを受けましたが

会社を辞めるのも大変

私自身も会社を辞める際には直属の上司に辞めることを伝えましたが、この上司とは本当にウマが合わずいつも嫌味を言われ続けており、辞めることを伝えるとより一層酷い嫌味を言われたのを今でも覚えております。

実は、この上司って年齢で言えば私よりも一回り以上年齢が上で年功序列という日本のしきたりのおかげで私の上司になったような方で、とにかくゴマすりが上手で部下の成果も知らず知らずの内に横取りするような方でした。

なので、私の周りの同僚たちはそんな上司のことをみんなして嫌がっていましたが、直接は文句も言わず「まぁしょうがないや」って仕事をしていましたが、わたくしの性格上間違っていることは例え上司でもあっても文句を言ってしまうもんですからいつもその上司とは衝突していました。

普段から衝突してるくらいですから、その上司に会社を辞めることを伝えた途端日々のパワハラもさらに酷くなりましたがね・・・

直属の上司に言ってもダメな時はどうしたら良いのか?

実際にこんな上司だったもんですから、会社に辞めることを伝えてから1週間しても何も音沙汰が無い状態が続きました。流石に1週間も何も言ってこないので、直属の上司にどうなっているのか尋ねてみたところ「仕事が忙しいから上に伝えていない」との返答でした。

法律上、会社に退職の理由退職の意志を伝えてからを2週間で会社を辞めることが出来ることになっており、1週間も放置されている状態が続くと流石にあたまにきましたよ!!

私はその日の内に、その上司のさらに上の上司にその経緯を話させていただきました。するとその日のうちに上の上司と会社の役員まで飛んできてくれて話を聞いてくれました。

この様に会社の役員まで来てくれること自体稀なことかも知れませんが、直接の上司に退職の意志や退職理由を伝えてもダメな時は、そのまた上の上司に話を通すのが1番早いかと思いますよ。

※法律上、退職の意志や理由を会社に伝えて最短で2週間で辞めることが出来ますが、会社の就業規則などに「退職についての記載」がある場合就業規則が優先されます。

 

引継ぎ業務などがあるので退職届には日付を入れない

私の場合は余り良い退職の仕方では無かったかも知れませんが、無事に会社に退職の意志を伝えると同時に退職届という書類を提出してなくてはいけません。

よくドラマなどでは上司に直接「退職届」と書かれた封書を渡すシーンがありますが、実際には口頭で退職の意志を伝えてから退職届を提出することの方が多いのではないでしょうかね。

この退職届も会社により、退職届の雛形(フォーマット)があるので人事部などに確認をするのが良いかと思います。

また、退職理由は人それぞれ色々とありますが「一身上の都合により」と書くのが一般的です。それと退職日ははっきりと退職する日が決まっていればいいのですが自分の都合で「○○日に辞めます」って感じで日にちを記入してしまうのは止めた方が良いです。

 

退職届と退職願の違いとは

私自信会社を退職する時まで知らなかったのですが、「退職届」と「退職願」には異なった意味合いがございます。

「退職届」は1度提出をすると後で退職を撤回することが出来ません。また「退職願」は提出後にも退職することを撤回することが出来ます。

退職届は「私は会社を辞めますので」と言っている書類で、退職願は「私は会社を辞めようと思っているのですが」と言っている書類となります。

ですから、完全に会社を辞めると決めているなら「退職届」でも良いのですが、まだ退職に対して迷いがある場合などは「退職願」を書いた方が良いかも知れません。

退職する為にはまだやることがございます

大分、話しが長くなってきたので今回の退職についてはここまでにしとき別ページで続きを書こうかと思いますが、今回書いた内容は会社を辞めるまでにすることのホンの少しの部分です。

なので、次回は会社に辞めることを伝えてから退職するまでの会社での過ごし方を話て行きたいと思います。

 

こんな記事も読んでみてね

セミナー風景

整体院

2020/10/12

売れない整体師ほど怪しい治療家コンサルになっていく

私は小さいながらも自分の整体院を10年以上も経営している、しがない整体師のオッサン「ポニ」でございます。 このコロナ禍の状況で周辺の整体院や整骨院などが軒並み廃業に追いやれていますが、私の整体院はどうにか生き延びている状況ですわ まぁ整体の仕事ってモロ濃厚接触なので、なかなかこんな時期は経営が厳しくなるのは致し方ないことなのかも知れませんよね。 しかしこんな厳しい状況の中で最近怪しい商売を始める整体師が増えているような気がします。 その怪しい商売とは経営が厳しい整体院に対し商売を始める自称治療家コンサルの ...

ReadMore

コロナウイルスの影響で廃業

整体院

2020/6/13

コロナの影響で近くの整体院が廃業していた

新型コロナウイルスの影響により様々な業種が廃業に追いやれていると聞きますが、私の周りでもボチボチお店を閉めている店舗が徐々に増え始めているようです。 私自身も整体院を経営し今年で14年目になりますが、さすがに今回のコロナの影響でお店の継続が厳しい状況が続きましたがどうにか潰れずに営業は継続しています。 今後もこの様な厳しい状況はまだまだ続くかと思いますが、どうにか個人事業主の方はお店を潰さずに頑張っていきましょうね。   近くの整体院は看板を外し廃業した 私と同時期に開業された整体院が近くにある ...

ReadMore

給付金

整体院

2020/6/9

北海道の休業要請給付金支給をネット申請した方の給付は7月以降

コロナウイルスの影響で北海道は4月25日より各業種において休業をするように要請されましたが、それに伴い休業要請協力金という形で給付金が支給されます。 前回北海道の休業要請協力金支給開始は5月末からで支給開始は5月末からとお伝えいたしましたが、どうやら5月末には給付金の支給はされないようですね。 しかし4月末からお店を休業しているのだから本当に早く給付金を支給してくれよって感じですよね。   北海道休業要請申請を郵送でされた方は6月中に支給されるようです 北海道の休業要請協力金の申請方法は自分で資 ...

ReadMore

給付金

整体院

2020/6/9

北海道の休業要請協力金支給開始は5月末から

新型コロナウイルスの影響で各都道府県は緊急事態宣言により3密を防ぐためにも休業要請が出されていますが、私が住んでいる北海道でも4月25日より休業の要請がありました。 それに伴い私が経営している整体院も休業要請対象のため4月25日より休業をしています。 休業することで少しでも早くコロナが終息してくれればいいのですが・・・   北海道の休業要請協力金は30万円支給される この休業要請に伴い北海道では休業してくれた店舗には協力金?支援金?として約30万円支給されます。 この協力金は各都道府県により金額 ...

ReadMore

給付金

感じたこと 整体院

2020/4/15

本当に持続化給付金は売上が下がった個人事業主は貰えるの?

新型コロナウイルスの影響により各都道府県でも緊急事態宣言が発令されたことにより、不要不急の外出などはしない様にと自粛要請が出されていますよね。 それにより個人でお店を営まれている方などに限らず、多数の店舗でかなり売り上げに影響が出ているのでは無いでしょうか? 私自身も整体院をもう14年ほど経営していますが、これほど売り上げが減少したことが無く正に経営の危機に直面しています。 私同様に個人でお店を営まれている個人事業主の方、先が見えませんがとりあえず持続化給付金が出るまで頑張っていきましょうね!! &nbs ...

ReadMore

-仕事, 退職
-

© 2020 ちったかいこうよ