PC関連

PCの動作がとても遅くなったからメモリーを増設してみた

元々、私が使用しているPCは低スペックの物でしたので、Windows10にアップグレードしてからはなんとなく動作が「もっさり」していた感がありましたが動画などの編集を行わない限りそれほど困ることはありませんでした。

しかし、ここ最近は今までの「もっさり感」が増してきておりアフィリエイトの記事を更新しようとしても少しばかりストレスが感じられるようになりました。

そこで、低スペックPCなんですがPCの動作を少しでも快適になる様にメモリーの増設をしてみました。

 

PCのメモリー増設って思っていたよりとっても簡単ですね

よくPCのメモリーやHDD(ハードディスク)などを増設又は交換したら動きが早くなるということを聞くかと思いますが、実際にメモリーの増設やHDDの交換ってPC素人には難しいだろうなぁって思って実際には中々に行動を起こさない方が多いかと思います。

けど、今回はどうしてもPCの動きが遅いので私はメモリーの増設を決意しました。

何かをしようと決めたら即行動する性分なので早速「You tube」などで「メモリー増設方法」などと検索し動画を見てみると、メモリーの増設って意外と簡単でただメモリーを余っているスロットに差し込めば良いだけなんですね

こんなに簡単だったなんて今まで知らなかった自分が恥ずかしいって思いですが・・・

けど、1つだけ注意することがあります。それはそのPCに合うメモリーを差し込まなければならないということです。あとそのPCに合うメモリーでも偶に相性が合わなくて不具合を起こす可能性もあるということなのでこの辺のことさせ注意していれば誰でも簡単にメモリー交換は出来るかと思いますよ

スポンサーリンク

メモリーを交換して実際にPCの動作は快適になったのか?

先ほども言いましたが私が使用しているPCは元々低スペックのPCでメモリーが4GBのモノです。

最近ではメモリーよりもHDDをSSDに交換した方がPCのスペックが格段に良くなるようなことを聞きますが、今回は値段的な問題からHDDからSSDへ交換はせずメモリーだけを増設する形をとりました。

実際には4GBのメモリーを1枚追加し総メモリー料を4GBから8GBに変更いたします。

まぁ最初は4GBから8GBに増設したとしてもそれほどPCの動きが劇的に変わらないと思ってたんですが、実際に電源を入れWindowsが起動するまでの時間は「若干早くなったかなぁ」って程度でしたが、その他のソフトを起動した時や動画編集する時など全然快適になりました。

ここまで動きに差が出るとは思ってもいませんでしたので、今回メモリーを増設したことに対してとっても満足しています。

また、増設したメモリー代金は約3,000円前後でお財布にも優しい仕様となっています。

 

メモリー増設であと数年は使えるPCになった

皆さんはPCの買い替え時期って何年おきでしょうか?

以前、大手の家電量販店の方が言っていましたが、私が住んでいる北海道の方は買い替え時期が比較的短く5~7年程度だそうです。また、本州などの方の場合買い替え時期は7~9年だそうです。

これは本当なのかどうかは分かりませんが、北海道の方って購入時の値段が比較的安めの低スペック製品を購入するので買い替え時期が早まる傾向があるそうです。

また、本州の方などは購入時にはある程度のスペックを持ったPCを購入するので買い替え時期が長くなる傾向があるといっていました。

実際に私自身もいつも低スペックのPCを購入するので買い替え時期は3~4年でした。なので今使っているPCもあと1年位で買い替えを検討する時期であったんですが、今回メモリーを増設したことによりあと数年は使えそうな予感がします。

いくら低スペックで安いPC(大体6万円前後)と言っても、いつも3~4年で買い替えをしているとカミさんゴマをすらなきゃいけないので今回は暫くゴマをすらんで済みそうですね。

なので、皆さんもPCの動きが遅くなったなぁって思った時はメモリーを増設することを検討してみてください。意外と値段以上の効果が期待できるかと思いますよ。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
よかったら応援クリックお願いします
にほんブログ村

 

-PC関連
-,

Copyright© ちったかいこうよ , 2019 All Rights Reserved.