健康情報サイトが狙われている!! あなたのサイトもパクられているかも

2016年11月26日

私は整体院を経営しながら空き時間を活用して、健康情報サイト(ヘルスケアサイト)で姿勢などに関する記事を書いています。

しかし、ここ数ヵ月の間で月間PVが20万PVから約10万PVまで落ち込んでしまいました・・・

数ヵ月の間でPV数が半減するってことは今まで無かったことなので気になって運営しているサイトを調べてみると、あることが分かりました。

それはある某大手企業が運営するサイトに勝手にコピペされ記事が盗まれていたことが発覚しました。

これって完全に著作権侵害にあたり犯罪ですよね!

最近話題の大手企業に記事を不正にコピペされていた

自分が運営しているサイトの月間PVが極端に減ったので色々と調べてみると、ここ数ヵ月の間に話題に上がっていた大手企業(球団を運営している)サイトのWelq(ウェルク)に記事をコピペされていました。

私、あまり法律(著作権侵害)のことなどに対して詳しくはないので変なことを書きたくはないのですが、これって立派な著作権侵害ですよね。

で、色々と「Welq(ウェルク)・著作権侵害」というキーワードで調べてみると、かなりの人が私と同様に書いた記事を勝手にコピペされ記事が盗まれているようです。

先ほども言いましたが法律(著作権)などにあまり詳しくはないのですが、コピペはダメだけどリトライは良いとか他の方が運営しているサイトの文章を引用する際には運営者の方に連絡をしリンクを貼るとかくらは分かります。

しかし、Welq(ウェルク)が運営しているサイトのある記事では、私が運営しているサイトの記事をところどころを切り取ってコピペしています。

これって完全に著作権侵害ですよね?

 

簡単にコピペサイトが検索結果で上位表示されるのか

今回、自分が運営しているサイトの状況を調べてみて分かったことですが、意外にも多くの文章(完全オリジナルの画像も含む)がコピペされていることが分かりました。

普段から大手の健康サイトから私が運営しているサイトの文章を使いたいという連絡があった場合、快く「どうぞ引用して下さい」って言っています。

しかし今回よくよく調べてみみると個人で運営している様なサイトでも、文章や画像など無断でコピペされていることが分かりました。

もちろん個人が運営しているサイトでも無断でコピペしたりするのはダメなことですよ。

また個人で運営しているサイトが無断でコピペするとGoogleから何らかのペナルティーを受けている可能性があるのか分かりませんが、検索結果でも上位に表示されているところを見たことがありません。

しかし今回大手企業が運営するサイトWelq(ウェルク)に限っては簡単に検索結果で上位表示されてしまう様になっちゃんたんですかね・・・

 

大手企業のコンプライアンスは低下してきている

まぁ今回私が運営しているサイトの文章を丸ごとコピーしてオリジナルのサイトより上位表示されたことは腹が立ちますが、一個人が大手企業に喧嘩をうっても勝ち目がないので現状を維持していこうかと考えています。

もちろんGoogleにコピペされたので検索結果からの削除依頼なども出来るかも知れません。

しかし1ページ全てをコピペされた訳じゃなく数ページに渡って文章を切り取られてコピペされているので、Googleに削除申請をしてもコピペって承認されない可能性もあるので面倒だからこのままでいいやって感じです。

 

けどね、これだけは言わせてください。

 

DeNAという大手企業が運営しているサイトが平気で他人のサイトの文章を無断でコピペし著作権侵害をしているっていうのはどうなのかな?っていう気持ちはあります。

またこのWelq(ウェルク)ってサイトは薬事法なども平気で破っているようで、ヘルスケアサイトを運営するなら最低限守らなければいけないことを平気で破っているようです。

まぁこの記事を書いている最中(11月25日付け)にWelq(ウェルク)側から薬事法などを破っている記事は削除するようなお詫びが掲載されていました。

しかし、著作権侵害については触れていない様ですがね・・・

 

Welq(ウェルク)側から苦情が来ることが予想されるが

今回、Welq(ウェルク)について著作権の侵害などについて書かさせていただきましたが、この様な記事を書くと多分Welq(ウェルク)側より苦情が来ることが予想されます。

けど、今回起きているWelq(ウェルク)の著作権侵害の件について、私以外にも多数の方がコピペされていたりコピペまではいかないが文章の構成はそのままで文章の語尾を多少変えただけってサイトが多数あるようです。

なので、私の様にWelq(ウェルク)に対しての不満をぶちまける方が今後ますます増えることが予想されますがWelq(ウェルク)側はそれらすべてに対し火消し作業を行っていくでしょう。

ですからこの記事もやがてWelq(ウェルク)側から削除依頼などが来ることが予想されます。

まぁこの記事が無くなったら削除依頼などが来たなって思っていてください。

 

追記

11月29日付けでどうやらWelq(ウェルク)サイトを検索エンジンで検索し記事をクリックしてもTOPページへ飛ばされるような処置がなされています。

それらのことはWelqに記事をパクられたがパクられた記事が削除されているで解説しています。

 

-WEB関連
-